お得な業務用食品
 
新着情報

◎2017/10/24

食品や調味料が揃う
の情報を更新しました。

◎2017/8/21

新鮮な食材
の情報を更新しました。

◎2017/6/30

アルコール類の値段は?
の情報を更新しました。

◎2017/4/26

業務用食品スーパーのお得な使い方
の情報を更新しました。

◎2017/2/15

小分けにすると使いやすい
の情報を更新しました。

「食品 節約」
に関連するツイート
Twitter

食品も家具も服も、まとめ買いしない。 必要になったときに必要な分だけ買う方が節約になる。

Twitter一人暮らしで役立つ雑学・知識bot@LivingZatsugaku

返信 リツイート 9:13

格安食品ニュース 「食費節約」のための必勝・買い物ルール news.nicovideo.jp/watch/nw5355230

Twitter「お試し」食品ニュース@otameshifood

返信 リツイート 7:45

冷蔵庫には冷やしてから入れる 冷蔵庫に熱いままのお茶や食品を入れると冷やそうという力が働いて電力を多く使ってしまいます。常温くらいに冷ましてから冷蔵庫に入れた方が節約になります。

Twitter毎月数万の節約する豆知識@setuyaku1

返信 リツイート 6:08

節約志向の強いお客さんが増えていて、高価格のコンビニでの買い物を控えて、時間を掛けてでも、遠方の食品スーパーやドラッグストアに買い物に行くようになっています。競合する食品スーパーやドラッグストアが値下げ販売を行っている中でコンビニだけがやらないとなるとお客さんが離れてしまいます

食品の値上がりに次ぐ値上がりで、高級品と今まで安かったものとの境がなくなってきている。食品の値上がりへの個々の対処策としてできることは、単純に「食べるものを減らす」しかない。完全自炊で節約しているけど、それでも苦しい。多分我が家だけじゃなく、かなり広い層の現実だと思う。(続)

返信先:@Masaohardstudy たしかに、需要に合わせて、生産調整できる前提だと、食品ロス節約は関係ないですね。 ただし、需要に対してそもそも生産能力が足りていない場合、廃棄のロス分がもったいないという話になると思ってます。 現状どうなのかをしらないので何とも言えませんが、足りてるなら配分の問題ですね。

1円あたり10kcal越えの食品を発見したので、更なる節約が可能になった

推し事でマジで貯金減ったので節約する。ほんとに節約する。食品は原則業務スーパー、米もネットで安いの探す。お洋服も新しいの買わない。

なんとびっくり原価で食品が購入できる スーパーが登場。 今までにない新しいショッピングモールです!話題沸騰中! 取り扱う商品はプライベートブランドではなく皆様が知っているナショナルブランド! ↓ touch-mall.com/landing/i ##節約

朝食 金節約するため基本食べない 昼と晩 仕事の日は食堂、それ以外はもっぱらコンビニか冷凍食品かレトルト

Twitter通りすがりの草刈りネコ@takothubo0317

返信 リツイート 昨日 17:21

業務用食品の利用

業務用食品なら節約できる!

業務用食品なら節約できる!

私たちの住む街には、業務用食品を販売しているお店があります。
現在ではそういった店舗が増加しており、商売をしている人や、家庭の主婦が利用しています。
なぜこのように人気があるのでしょうか。
それはたくさんの種類の商品を取り揃えていることのほかに、とにかく値段が安いことがあげられます。
安ければ節約ができますし、その分、たくさんの量を買うことができます。
業務用食品を販売しているお店は、このように私たちの節約の味方です。
たとえばインスタントカレーなどは、保存用食品として家庭に常備しておいても良いですし、夜食としても利用できます。
またコロッケや焼売、唐揚げなどのおかずも、たくさん扱っているので、子供が多い家庭では安くたくさんの量を購入することができます。
ロープライスのアルコール類もおいてありますので、お父さんが毎日晩酌を楽しむこともできるでしょう。
今後もますます私たちの生活になくてはならないお店として発展していくことでしょう。

業務用食品で買っておくべきもの!

業務用食品のメリットは、比較的、量が多いこと、そしてその割には価格が安いことが挙げられます。
更に業務用食品であるため、あらかじめ調味済み、カット済みというものが多いのもメリットです。
こうした点を踏まえた上で、買っておくべき業務用食品にはどんなものが挙げられるかを考えると、まずは頻繁に利用する食品が挙げられます。
家族の好みの食品、健康や美容のために毎日、食べる習慣がある食品、あるいはお弁当などに入れるカット野菜、ちょっとしたお総菜などは、どれだけ量をストックしておいても困るものではありません。
量があり、なおかつ価格が安いのですから、こうした食品は是非とも購入しておくべきだと言えます。
それから、スーパーなどでは少量のために割高で売られている食品、特にお肉類やお魚類も購入しておくべき商品だと言えます。
そしてそれを自分ひとりで冷凍庫にストックしておいても良いですが、近所の人などと分け合うと、スーパーなどで購入するよりも多い量を、安い価格で購入することができます。
更に、業務用食品でしか販売されていないような食品も購入しておくと、いつもとは違った料理を作ることができたり、ちょっと珍しい味を楽しむことができます。

 
 
Copyright (c) 2016 お得な業務用食品. All rights reserved.